LET'S GO OUT ON OFFBEAT. ALL ARE FUN!! オフビートに乗って出かけよう。あれも、これも、それも、なんだって楽しいから!!

走れる!遊べる!乗りたくなる! オシャレでカッコいいちょいアゲエアロ

週末はどこ行く? 釣り行く? キャンプ行く? 荷物をトランクいっぱいに積み込んで、目的地はいつもよりちょっと遠くまで。それに、せっかく行くなら楽しいクルマに乗っていこう!! 車高を少しだけ上げて、ホイールを変えて、エアロを巻いて。運転しているだけでワクワク・ドキドキ、心が跳ねるようなクルマに。
だったら、エアロブランドは"オフビート"しかアリエナイ。「アゲ専用」のエアロだから、リフトアップにバッチリ似合うなんて当たり前。丈を薄くしたバンパーはタイヤを強調して、アゲてる感をさらに強く。なのに「ゴリゴリのクロカン過ぎない」のがまた、スゴクイイ。デザインもパーツ構成も全てそれぞれのクルマに合わせて設計し、レトロでもエレガントでも現代風でも自然にハマるように。だから街中でも、目立っているのに違和感がない。

趣味の時間は絶対必要。家族との時間だってもちろん大切。でも、クルマをイジる楽しみだって捨てたくない。そんな贅沢な人にこそピッタリのエアロ。

OFFBEAT
OFFBEAT

ちょいアゲにM/TタイヤもハマるW/V共通エアロ

縦型ライトのフェイスに合わせてバンパーデザインは丸く滑らかに薄型化し、ボトムにスキッドプレートを配置。JB23ジムニーの定番カスタムをイメージさせ、オシャレさの中にさりげなくクロカンテイストを取り入れています。加えてグリルには往年の「SUZUKI」純正エンブレムを装着するための専用台座を造形。小物のあしらいでもヴィンテージ感を高める仕様としています。なお、DA17エブリイのワゴン/バンともに対応。約30ミリ車高を上げるリフトアップスプリング轟を合わせて装着していただければ、165/60-15サイズのM/Tタイヤでも干渉せずに装着いただけます。

フロントバンパースポイラー
素材:FRP   ¥63,800(税込)   備考:スズキエンブレムは別途
スキッドプレート
素材:FRP   ¥38,500(税込)   備考:-
ページトップへ戻る
OFFBEAT

イカツい顔に、あえてシンプルでクラシカルなエアロを

ヘッドライトが薄くシャープになったハイゼットカーゴ後期型は、やっぱりアゲが似合う車種。その凛々しい顔を際立たせてイカツさを主張するのではなく、あえてシンプルでスマートなバンパーに変えて、スッキリとオシャレに見た目を変えるのがオフビートからの提案だ。純正ラインを生かしながらも、新しいライン取りで大胆にバンパーを短縮。ゴツゴツの15インチタイヤを履かせても、干渉せずに走れるショートバンパーは、アウトドアに最適だ。横長のセンターダクトは、どことなくクラシカルな雰囲気を感じさせるアレンジ。下回りを隠すスキッドプレートは、クロカン仕様定番のアイテムだが、オフビートの手にかかればゴリゴリ感は皆無。アゲ専用エアロというと、ゴツく男臭いデザインが主流な中、一貫してシンプルを貫く。老若男女を問わず、飽きずに長く楽しめるスタイリング。それがオフビート最大の魅力なのである。

フロントバンパースポイラー
素材:FRP   ¥63,800(税込)   備考:-
スキッドプレート
素材:FRP   ¥38,500(税込)   備考:-
ページトップへ戻る
OFFBEAT

アンダーガードとマッドガード、2アイテムで雰囲気を一新

今やもう、軽トラは農作業などに使うだけの商業車ではない。荷物が積めて、気軽に乗れる。アウトドアなどの遊びにももってこいな車種。ならばその機能性はキープして、ちょっとだけオシャレに雰囲気を変えて楽しみたい。そう思うならオフビートが断然オススメだ。リップスポイラーとはひと味違う、純正バンパーにかぶせるだけのアンダーガード。このアイテム一つで、俄然四駆感が高まる。ホワイトレター入りのマッドタイヤと、無骨な鉄ちん風アルミホイール・大和とのマッチングも上々だ。軽トラオーナーのニーズに応え、マッドガードもラインナップ。純正同等の素材を使いながらも、一回り大きいサイズで装着感をアピール。色はシンプルなブラックと、鮮烈なレッドの2色。記された文字は、気付いた人だけがニヤリとするであろう、大人の遊び心に満ちたあしらい。

フロントアンダーガード
素材:FRP   ¥44,000(税込)   備考:-
マッドガード
素材:EVA   ¥5,500(税込)   備考:カラー:レッド/ブラック
ページトップへ戻る
OFFBEAT

フロントアンダーガードで、四駆風のワイルドな顔付きに

純正のデザインを大きく崩すことなく、フロントバンパーにアンダーガードをプラス。それだけで、ツルンと物足りなかった顔がグッと精悍に変わる。これまで軽トラカスタムはチンスポ系の張り出しデザインが主流だったが、それらとは一線を画すスマートさ。なのに確実に存在感を放つ。デモカーのように黒とシルバーで塗り分ければ、まるで別体風パーツを付けたようなスタイリッシュさだ。KLCのリフトアップサスペンション・轟で3センチリフトアップし、ゴツゴツタイヤで外径も1センチアップ。計4センチのリフトアップは、走行性と見た目の満足感を両立させてくれる絶妙加減。アゲ系専門を謳うオフビートだが、このシンプルさは車高短にも確実にハマる。むしろ小振りさがベタベタ派にも好都合。純正バンパーにビス留めするだけの手軽さながら、装着後の違いは歴然。ほんの少しだけ手を加えて、人とは違うスタイルにしたい。やりすぎないSUV感が、時代のニーズにマッチする。

フロントアンダーガード
素材:FRP   ¥44,000(税込)   備考:-
マッドガード
素材:EVA   ¥5,500(税込)   備考:カラー:レッド/ブラック
ページトップへ戻る
OFFBEAT

シンプルなアンダーガードは、カスタムジャンルを選ばない

オフビートのアイテムはとてもシンプル。ハイゼット トラックに用意したボディパーツは、フロントバンパーの下にかぶせるアンダーガードである。
台形型のカバーで、ナンバー位置も開口部も純正と同様。だからパッと見た印象は、純正を大きく崩さない。
けれどもボトムに凹凸のあるガード風の意匠を設けて、流行りのSUVっぽい雰囲気を醸し出しているのだ。
デモカーのようにボトム部だけを別色で塗り分ければ、別体パーツを付けているようにも見せられる凝った作り。
走りの快適性も、軽トラならではの機能性も損なうことなく、「ちょっとだけみんなと違う」スタイルを実現出来るのが、何よりも嬉しい。
またシンプルなデザインは、違和感なくどんなスタイルにもマッチするのもポイントである。
黒ボディでワルっぽく見せることも出来れば、可愛い色でポップに装ったり、アースカラーで思い切りアウトドアに振ったり、楽しみ方は自由自在。
アゲでお馴染みのオフビートではあるが、車高短にだって当然似合う。小振りで張り出しのないアンダーガードは、ベタ車高にもうってつけだ。
足まわりのセッティングや、ホイールチョイス、ボディカラー。組み合わせ次第で、様々な表情に変わるのが、オフビートの魅力なのである。

フロントアンダーガード
素材:FRP   ¥44,000(税込)   備考:-
マッドガード
素材:EVA   ¥5,500(税込)   備考:カラー:レッド/ブラック
ページトップへ戻る
OFFBEAT

コスパ抜群! 少ないアイテムで劇的に印象を変える

これまでリフトアップ車は、アウトドアの薫りをさせるのが定番だった。でもアゲ車がここまで流行ってきた今、もっと色々な見せ方があってもいいはずだ。
たとえばこのキャリイ。KLCのリフトアップスプリング【轟】で3センチのリフトアップを施し、オフロードタイヤを組み合わせている。
が、その雰囲気はこれまで車高短VIPが得意としてきた、ちょっとやんちゃでワルっぽいオーラ。
オフビートの提唱する純正プラスαのシンプルスタイルだからこそ、泥臭くなりすぎない、クールな装いも出来てしまうのである。
フロントバンパーにかぶせたのは、ボトムが特徴的なアンダーガード。左右に7箇所と下に2箇所の計9箇所をビス留めするだけと、装着も簡単だ。
遊び心の効いたマットガードも、この雰囲気に良く似合う。ブラックとレッド、どちらを選ぶかによってもまた、違った雰囲気が楽しめる。
アゲても下げても、ノーマル車高にだってすんなりハマるシンプルなスタイリング。
上で紹介したスーパーキャリイと装着パーツは全く一緒なのに、これだけ雰囲気を変えられる。カスタムの醍醐味が味わえるアイテムたち。
ホイールを変えればまたきっと、劇的に印象は変わるはず。その面白さに気付いたら、ドレスアップはやめられない。

フロントアンダーガード
素材:FRP   ¥44,000(税込)   備考:-
マッドガード
素材:EVA   ¥5,500(税込)   備考:カラー:レッド/ブラック
ページトップへ戻る